アクト川口(金)初心者クラス8月レポート

アクト川口(金)初心者クラス8月レポート

こんにちは!講師の狩野です。
なんだか寒い日が続いたりしてもう夏終わり?と思ったらまた暑い日が戻ってきそうですね。

今年何か夏っぽいことやったかなとふと考えてしまうような日が続いていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

パラリンピックもアッという間に終わり、首都高が通常料金に戻りました(笑)助かります。
ちなみに開会式の日は東京タワーもこんな彩りになっていましたよ。

その後は雨が続いたりと…(雷激写)

 

 

さて今回はパソドブレのシェイプとタップについて考えてみましょう!

 

パソドブレはシェイプをキープしながら踊るのがホントに大変ですよね。

まずはシェイプの作り方から。僕が最近サークルで行うのはタオルを持ってそれをケープに見立ててシェイプを作り、形状記憶させてから最初のスパニッシュラインに入ります。

その際は腰椎だけ反るとお尻が残ってしまうので、お尻の下の坐骨をグイッと後ろから前に押される感じを作りましょうねと伝えています!

基本的には踊っている間そのシェイプをキープしていたいのですが、なかなか上手くいかないのが現状ですね。

何回も練習をして腰が痛くならないシェイプを作りましょう。

 

タップは叩くという意味ですが、このルーティーンで出てくるフラメンコタップは足のボールをつかってやります。

間違ってもつま先でやらないようにしましょう。爪が粉々になります…

足も適当な位置ではなくてキューバンクロス(教科書ではヒールを通過したところでトーを外側に向けた型と書いてあります)に出しましょう。

自由に踊っているようで、本来の型がしっかりしているのがパソドブレのイメージですね

その中で勇ましさを表現したり情熱的に踊ったりしてみましょうね!

ではまた

 

 

アクト川口(金)初心者クラス 7月レポート

アクト川口(金)初心者クラス 7月レポート

こんにちは!講師の狩野です。

あっという間に7月も終わってしまいましたね。

なんだか月日が経つのが今年はいつも以上に早いような気がしなくもない、そんな今日この頃です。

東京のオリンピックもあっという間に過ぎてしまいましたが、皆さん見ていましたか?

僕は深夜にあるダイジェストだけは見ていましたが、やはりスポーツは見ていて楽しいですね。

中でも女子バスケの代表が銀メダルを獲得したのは大変驚きました!決勝でのアメリカはさすがに強者でしたが、素晴らしい快進撃でしたね。

日本バスケットボール協会会長の三屋さんは子供のころから家族ぐるみでのお付き合いがあったので、この快進撃にうちのファミリーlineは盛り上がっておりました(笑)

さてさて話はダンスに戻り、

サークルの最後にやってくるステップ「べニーズワルツ」のお話をしましょう。

このダンスはステップ数も少なくザ・シンプルですよね。

でもそれが難しい。一個ターンを失敗すると次に響きそれがいくつも重なって最終的にグダグダになってしまいがちです。

まずは自分の役割をしっかり把握しましょう。

いま前進しているのか後退しているのかを認識することは大変重要です。LODで動いていく中で方向が変わり、途中で分からなくなってしまいがちですが、きちんと把握しましょう。

前進の方は相手をきちんと追い越さなくてはなりません。言葉を返すと交代の人は相手に追い越されなくてはいけないです。

ステップに夢中になり、関係性が崩れないようにしましょうね!

アクトの方はべニーズワルツの週になるとクラスを休みがちですが…

こんなにナチュラルターンとリバースターンを練習できる回もなかなかないので頑張って参加してみましょうね!

最後は最近見つけたくだらない画像をみて今月は終わりたいと思います。

ではまた!

アクト川口(金)初級クラス 6月

アクト川口(金)初級クラス 6月

こんにちは。サークルJ講師の狩野です。

あっという間に今年も半分。今月はどこに行ってもワクチン接種の話が出ておりましたね。私は既に一回目を終えました。
この調子で正常な世の中に戻っていってくれると良いのですがオリンピックやら緊急事態宣言やらもう何が何だか分からない世の中になってきています。悲しい。

さて今月はちょっと個人的なお話。

私は社交ダンスの講師の他にジムのパーソナルトレーナーとジャイロトニック®のトレーナーをしております。
今回はジャイロトニック®とは何かちょこっとだけ説明。


筋肉をストレッチさせるとともに強化し、動きにあった呼吸法で身体をコントロールして柔軟性に加えてしなやかで力強い身体を作るエクササイズです。骨盤や背骨の回旋運動にも特化しています。
昔なにかの記事でリカルド・ユリアもやっていたというのを見ました。
なんだか最近筋肉オタクならぬ身体の動きオタクになって来た気もします。これも一種の職業病でしょうか笑

 

さて後半に入りました川口の初心者クラスですね。

今回はスローフォックストロット

スローの難しいところは特徴のないところ。

ワルツのような上下動もなく、タンゴのような素早さもなく、ふわぁ~っと浮いてるかのように踊るのがスローです。

そんなスローですが難しいのはアウトサイドが出てきたり、ヒールターンが出てきたり、とポジションが変わるようなステップがあることですね。

上記のようなステップの動き方はサークル中にも説明はしていますが、気を付けないといけないのが何があっても女性と男性の位置関係(女性が男性の右側にいる)が崩れないようにすること。

アウトサイドで相手を越えてしまったり、スピンターンで間隔が必要以上に空いてしまったりするのはステップの繋がらない原因になってしまいます。

海外のレクチャー動画でスローはフィガーのつなぎ目がバレないように行うと話していて、なるほどな。と思ったのですが、フェザーステップ→リバースターン→フェザーフィニッシュ→スリーステップという①・②のステップもそれぞれの形を意識し過ぎて動きが一回一回ストップし過ぎないように注意して行ってみましょう。スローは特に重心移動を大事に行いながら、床をうまく使いながら出来ると更にいいですね!他のダンスではよく言う言葉ですが床とお友達になろう!です。社交ダンスでも言うのかな?

そんなこんなで床とお友達の明日香先生の写真を上げて今回は終わろうと思います!

 

では!

アクト(金)初心者クラスⅠ 4月レポート

アクト(金)初心者クラスⅠ 4月レポート

サークルアクト講師の狩野です。

ちょっとレポート書くのが遅くなってしまいました、ごめんなさい。

4月は色々ありました~。初めて競技会に隔週で出ました!ラテンとスタンだったので、ちょっと切り替えが大変でしたが、それを踏まえていい経験でした。このために燕尾服も作り、挑みました!結果は全然でしたが次回に向けてまた頑張ります。

 

4月から新しく川口でサークルアクトのクラスがスタートしました。

まさかの初日は僕一人に対して女性7名ととても極端なクラスになってしまいましたね汗

踊ることに夢中になりすぎて写真取るの忘れましたごめんなさい。

 

さて上の写真は何をしているところかわかりますか?

ルンバ①のステップの最後のスポットターンをしているところです。

初めたばかりの人はここで躓いてしまう人結構多いのではないでしょうか。

ゆっくりな動きのルンバの中では結構機敏に動かないといけないところですよね!

まず一歩目でしっかり足をかけて、振り返ったときにはまだその足に乗っているようにしましょう!

その後の2歩目の乗り換えるタイミングが合わないと、3歩目の足が逆になってしまったり、カウントより先行してしまうのでこれ重要です。

そして3歩で一周なければいけません。上記の写真はそれを練習したものです!詳しくはサークルで行いましょう!

 

そしてもう一つはNYの向き!まずつま先が内側に入らないようにしましょう!

機能解剖学的には股関節の内旋動作が起きないようにします。とそんな難しいこと言ってもしょうがないので、つま先は外に向かって、でも上半身はそれと反対側に開きます!

これはいきなり出来るものではないので引き続き毎回やっている基礎練で身につけていきましょう。

ダンスは踊れば踊るほどに上手になっていくものです!

ずっと続けている人は、伸び悩む時期はあるかもしれませんがそれは決して後退しているわけではないです!でもそれで休んだり踊らなければ後退してしまいますよね。

いま自分がどこを分からないのか、一つひとつ明確にしていくことで知らない間にレベルアップしているものです。ダンスはスポーツであり芸術であり、一筋縄ではいかないものです。ましてやペアダンスなんてどこまで奥が深いのか….

ただそこに楽しさを見いだせればいつまでもダンスライフを楽しんでいけると思うので、まずは基本的なところを頑張って行きましょう!

…なんだか自分にも言い聞かせているような笑

というわけでまた来月です。

アクト川口 初級IIクラス3月のレポート

アクト川口 初級IIクラス3月のレポート

こんばんわ。講師の狩野です。

3月あっという間に過ぎてしまいましたね。

今年も桜は綺麗に咲いていましたが、今年もお花見でワイワイは出来ませんでしたね。来年こそは!

移動中に撮った写真ですが綺麗に撮れたのでシェアです。

ダンス界はというと競技会が少しずつ復活してきていて、僕の方はモチベーション高く日々過ごしております。

下の写真はJBDFプロラテンD級の試合です!6位入賞することが出来ました!

twitterで速報が出ていたようで、アクトの生徒からもすぐに連絡があり嬉しビックリしましたよ!

サークルの方は僕の行っている金曜日の初心者IIクラスは少人数で進んでまいりました。

そのおかげ?か男性のリードの話や細かいところまでお話しすることが出来てよかったのかなと思います。

これはJiveでチェンジオブプレイスを行っているところですね

男性が左手を挙げて女性がその中をくぐる練習をしています。

この際に注意しないといけないのは、まず当たり前ですがきちんと手を挙げること!

そしてもう一つは少し早めにリードしてあげること。若干ですがリードがカウントより早めに行われると女性がonカウントで動くことができます!これが早すぎてもダメなので難しいところですね!慣れればあんまり深く考えず行えるようになります。

先生はそれにプラスで右手で女性を優しく押し出してあげたりもします!経験者の男性が女性を相手にする場合は覚えておくと良いかもしれません。

アクトのクラスを教えてきて最近気になることは柔軟性です!

男性であれば肩回りの固さによって上記で述べたリードが上手くいかない、ホールドの肘が上がらない諸々あるかと。女性であればヒールを履いて膝とか股関節が上手く使えなくてスタンダードの上下動が上手くいかないなど。

筋力はまだしも柔軟性がないとどう頑張ってもガチガチしたダンスに見えてしまいますよね。

今回は僕自身が行っているトレーニングを紹介しますね

元々僕は身体の固いほうで、前屈なども脛までいけばいい方でした。開脚なんて笑ってしまうほど固かったです(笑)

もちろんストレッチを長年して自分が柔らかくなったと感じたのは2年ほど経ってからでしょうか。

継続は大事だなと思いました。

元々身体が固かったので今でも怠ると筋肉任せの動きになってパートナーを困らせてしまうことは多々あります。

なので毎週かならずストレッチを効かせるトレーニングを挟むように心がけています。

ちょっと編集加工していますが、これはジャイロトニックというエクササイズです。

背骨の回旋運動や体を伸ばした状態で行うのでエクササイズ後に身体が整うのが特徴です。

元バレエダンサーが考えたエクササイズなので少し難しいですが、1年前に資格を取ってから身体の変化は正直かなり感じています。

他のエクササイズをすればいいというわけではないですが、社交ダンスも身体を固めた状態でできる運動動作ではないです。

なので時間があるときにストレッチをしたりして、筋肉を伸ばした状態で動かせるようになると更にダンスが楽しくなるのではないでしょうか!僕のやっているエクササイズももし興味があったら聞いてくださいね。

皆さんのダンスライフがどんどん楽しくなるように!

コロナ禍で大変な状況が続きますが引き続き、気を付けて楽しんでいきましょう!

 

狩野新之介