池袋(火)初心者クラス 8月の様子

池袋(火)初心者クラス 8月の様子

さて、早いもので最後の月となってしまいました。(正確には9月の2週目までが今期になりますが)

最後の月は、後半やってきたステップの復習になります。
後半で特に難しかったのは、スローとヴェニーズワルツでしょうか。

スローはステップの難しさ、ヴェニーズワルツは回転を続けることの難しさ、ですね。
どちらも、正しい動き方や正しい足の位置、そして姿勢などを守ることで上手くできるようになります。

後は何度も繰り返し練習する、地味ですがそれが上達への一番の近道です。

●ジャイブ

ジャイブは細かくシャッセをするステップですね。
非常に速い音楽に、歩数が多いステップなので、ラテンで一番早い種目になります。

最初はちょっと慣れてないと追いつかない感じがあると思いますが、やはりこれも慣れですね。
3回目の皆さんはスムーズに踊っていました。

1. フォラーウェイロック ×2 QQ QaQ QaQ QQ QaQ QaQ
2. チェンジ オブ プレイス ライト to レフト QQ QaQ QaQ
3. チェンジ オブ プレイス レフト to ライト QQ QaQ QaQ
4. ヒップバンプ×2 QQ QaQ QaQ QQ QaQ QaQ
5. チェンジ オブ ハンド ビハインド バック QQ QaQ QaQ
6. チェンジ オブ プレイス レフト to ライト QQ QaQ QaQ
7. ダブルウィップ QQ QaQ QQQQ QaQ

ステップの注意事項としては、斜めの方向を多用するので気を付けてくださいね。
どの方向へ動くのかを把握していないと迷子になりやすいです。

シャッセは上下動があるので気を付けてください。足をそろえた瞬間に一瞬低くなります。
中々難しい動作の上に、音楽が早いので皆さん苦手ですが、これを練習していってもらえるとジャイブらしい動きになっていきます。

●スローフォックストロット

スローフォックストロットも皆さん苦手な種目ですね。

なぜかというと、どのステップも似たような感じで歩いているので、何をやっているのかわかりにくいからですね。

なので、まずは全部で6つのステップ名を覚えましょう。

0. 予備歩 Q
1. フェザーステップ SQQ
2. リバースターン & フェザーフィニッシュ SQQ SQQ
3. スリーステップ SQQ
4. ナチュラルターンの1~3歩 SQQ
5. クローズドインピタス アンド フェザーフィニッシュ
※動画では、最初に戻るため、クローズドインピタスにし、フェザーフィニッシュからリバースターンへつなげています
SQQ SQ

そして、それぞれのステップのわずかな特徴を覚えてください。

  • フェザーステップは3歩歩く
  • リバースターンは、女性が足をそろえて回る(右足、揃えて、右足)
  • フェザーフィニッシュはアウトサイドへ
  • スリーステップも3歩歩く(脚はインサイドへ)
  • ナチュラルターンは、女性が足をそろえて回る(左足、揃えて、左足)
  • インピタスターンは、男性が足をそろえて回る

どれも似たようなステップですが、ちゃんと特徴があります。

特徴を覚えたら、あとは何回も繰り返すことですね。体に染みつかせましょう。

それ以外に大事な部分は、上下動ですね。最初の1歩が低く、2歩目3歩目が高くなるのが基本です。

 

9/20は、また初心者クラスはゼロに戻って、新しい人を加えてスタートします。今回は男性の申し込みが少ないので、今からでも間に合うのでぜひ男性にいらして欲しいですね。
社交ダンスは奥が深くて楽しいですよ。始めると男性の方がはまってしまいます!

 

池袋(火)初心者クラス 7月の様子

池袋(火)初心者クラス 7月の様子

池袋の初心者クラスも8月になり、もう5か月目に入りましたね。あと1か月です。早いものですね。

全く何も知らなかった方が、社交ダンスが少しずつですが形になってきました。基礎練も少しずつ長く耐えられるようになってきたりするのを見ると、成長を感じますね。

さあ、では7月の様子です。

●パソドブレ

パソドブレは、スペインの闘牛をモチーフにして踊られているダンスです。エスパーニャ・カーニというスペインの闘牛の音楽に合わせて踊るのことが多いですね。

闘牛士をイメージして踊るダンスになりますので、勇ましく強く緊張感をもって踊るダンスになります。

とはいえ、意外と社交ダンス初心者向きの種目で、そんなに難しくないダンスです。(ルンバとかチャチャチャの方がよっぽど難しいのですよ)

1. スパニッシュライン 1234
2. フラメンコタップ 12&34
3. プロムナードクローズ&シャッセ 12 34
4. ドラッグ 1234
5. プロムナード 1234 1234
6. エカルト 1234
7. プロムナードクローズ&シャッセ 12 34
8. シャッセ to ライト 1234
9. オープンテレマーク (回転量少なく) 1234
10. プロムナードクローズ&シャッセ 12 34
11. セパレーション with レディースケーピングウォーク 1234 1234 1234 1234

ステップがちょっと長めですがそんなに難しいステップではありません。
パソドブレはあまり難しくない種目です。

ただ、強そうに緊張感を持って踊るのが大事ですね。腰を入れてしっかり歩いてください。

 

そういえば、冒頭に説明したエスパーニャ・カーニですが、実は意外と最近の曲なんですね。1925年ごろにパスカル・マルキーナに作曲されたということなんです。100年前そこらの曲なんですね!意外と最近!って思ってしまいました。

 

●ヴェニーズワルツ

とても速い3拍子の音楽にあわせて、くるくる回り続けるダンスです。
別名ウィンナーワルツともいわれます。

覚えるのはたった2種類ですね。

ナチュラルターン

リバースターン

この2つだけです。

でもこのたった二つが中々強敵です。3歩で180度回らないといけないのですが、これがなかなか難しい。

姿勢・足の着く場所・二人のタイミング

といったことをしっかり合わせないと、180度回り切れずにどんどん回転が足りなくなってきてしまいます。
回転が足りないと二人がバラバラになってしまい、回り続けることができなくなってしまうのですね。

言われたことを漏らさずステップを踏めるようにしてみてくださいね。

 

ちなみに、こちらのウィンナーワルツも意外と歴史が浅く1800年代の初頭から始まったようで、200年ちょっとぐらいの歴史なんだそうです。なんかもっと昔からあるようなイメージなのは私だけですかね?

 

サークルアクト2022年夏のトライアルダンス

サークルアクト2022年夏のトライアルダンス

コロナ禍が始まり3年目の夏となりました。

最初は半年ぐらいで、何とかなるだろう。半年が過ぎたときはあと半年で何とかなるだろう、、そんな風にして時間がが経ってしまいました。

当時のメンバーはかなりの数がいなくなってしまいました。社交ダンスをやめてしまった人も多いかと思います。
それでもコロナ禍で社交ダンスを新たに始めてくれた方、再開してくれた方などがいて、アクトの人数も少しずつ増えてきました。

それに伴い、やはり目標を持ってもらうためにも何かイベントが必要であると認識していましたので、以前と同じようイベントはできませんが、新たな企画をしてみました。

それが、「サークルアクト トライアルダンスイベント」です!

おもに社交ダンス初心者の方が、人前で踊ることにチャレンジしていく企画です。
目標をもって練習して、小さな舞台でもいいので披露することは、とても刺激があり楽しいものです。
今回チャレンジしたことを、ぜひずっと忘れずに社交ダンスを続けてもらいたいな、と思いました。

それでは当日の内容と様子です。

★2022.06.26トライアルダンス★

・ダンスタイムに挑戦!

 

・ジルバ講習

滝川先生の丁寧なジルバ講習、皆さん真剣な表情で参加されている様子。

 

・ジルバ大会にチャレンジ

講習の後は実際に楽しんで踊ってみました。短い講習でも素敵に踊れてしまうから不思議です。

これぞ滝川マジック?!

 

 

・メンバー同士でペアを組む模擬戦(トライアル)を観戦

 

・講師のプロデモンストレーション

といった、盛りだくさんのイベントでした。

ジルバ大会では、思いっきり元気よく思いっきり踊り、’’ダンスの楽しさ’’を感じて頂けたのではないでしょうか。
ダンスタイムは、実際に踊ってみてその難しさを感じられたり、また目標を見つけた方もいたのではないでしょうか。

そして、先生たちのダンス。プロのダンスは全然違って見えたでしょう。

ぜひ、社交ダンス続けて、いろんなことにどんどんチャレンジして楽しんでいってもらえたら、と思います。

 

池袋(初心者)

池袋(火)6月 初心者クラスの様子

池袋(火)6月 初心者クラスの様子

6月から初心者クラスは後半種目に入りました。
後半の種目になると、ちょっと今までより難しい種目になってきますので、出来るだけ休まずいらして欲しいですね。

また6月に合ったイベント、トライアルダンスに参加してみました。
今期から始めた初心者の方は、主に見たりダンスタイムにちょっとチャレンジしたりと、初めてのイベント参加でしたが、とても楽しめたみたいですね。後でその様子も少し見せますね。

●サンバ

サンバは、ブラジル発祥のダンス。
皆さんが良く知っていると思われるサンバ(女性が派手な衣装で踊るダンス)とはちょっと違っていて、イギリス式のサンバになります。

本場のサンバは腰を振るのが特徴ですが、イギリス式サンバは上下動が特徴になります。

1. ホイスク ×4(4回目回転してP.P.へ) 1a2 1a2 1a2 1a2
2. サンバウォーク in P.P. ×3 & サイドサンバウォーク 1a2 1a2 1a2 1a2
3. クリスクロス ボタフォゴ 1a2 1a2 1a2 1a2
4. クリスクロス ボルタ 1a2a3a4 1a2a3a4

まずはとにかく3歩ずつステップしましょう。
慣れていない人だとどうしても、3歩がリズミカルに踏めず、足がおかしくなってしまいます。
「1・2・3」
と数えながら、確実にステップしていってください。

そして、バウンスという上下動が特徴的ですね。かかとを上下させながら踊りましょう。

慣れるととても楽しい感じで踊れるでしょう。比較的覚えやすい種目です。

 

●クイックステップ

クイックステップは、フロアを飛んだり跳ねたり、非常に目まぐるしく移動するダンスです。
今回習うベーシックステップ(基礎ステップ)では、そんなに飛んだり跳ねたりはしませんが、やはり移動量はかなり多いですね。

0. 予備歩 Q
1. ナチュラルスピンターン SQQ SSS
2. プログレッシブシャッセ SQQS
3. フォワードロック×2 SQQS SQQS
4. ナチュラルスピンターンの1~3歩 SQQ

 

ワルツと同様のステップを使うので、途中までは前回までに習ってきたステップと同じになります。
なので比較的覚えやすい種目でもあると思います。

しかし、音楽でおどってみると音楽とずれてしまうことがとても多いです。

Sカウント(スローカウント)では、時間をかけて歩幅を広げてみてください。慌ててステップするとどんどん音から外れていってしまいます。

また、ワルツと同様に上下動がありますので、それも丁寧に行いましょう。

●トライアルダンス

初めてのダンスイベントに参加しました。

・ダンスタイムに挑戦

・ジルバ大会にチャレンジ

・メンバー同士でペアを組む模擬戦(トライアル)を観戦

・講師のプロデモンストレーション

といった、盛りだくさんのイベントでしたね。
メンバーの人が踊っている様子は、自分の今後のイメージがわいてきたかと思います。
ジルバ大会で、思いっきり元気よく踊ってみるのは、ダンスの楽しさを感じれたと思います。
ダンスタイムは、習っただけでは中々実戦で踊るのが難しいなあ、と感じたと思います。

そして、先生たちのダンス。プロのダンスは全然違って見えたでしょう。

ぜひ、社交ダンス続けて、いろんなことにどんどんチャレンジして楽しんでいってもらえたら、と思います。

池袋初心者クラス(火) 5月の様子

池袋初心者クラス(火) 5月の様子

早いもので初心者クラスも5月終わると、ブルース・ジルバ・タンゴ・ルンバ・ワルツ・チャチャチャの6種目が終わりました。

思ったより早いペースに驚かれたかもしれません。
全部の種目覚えられない~、というのもあると思います。でも、このペースで進んでいっても意外と体は覚えているものです。
少し早めのペースで繰り返していくのが、頭や体に刺激を与えて、その後の上達も早くなるんです。ちょっと頑張っていきましょうね。

●ワルツ

ワルツは3拍子で踊るゆったりとした優雅なダンスです。スタンダードで人気ナンバーワンの種目でしょう。上下動するのも大きな特徴です。

ステップは5つ

0. 予備歩 3
1. ナチュラルスピンターン(ナチュラルターン&スピンターン) 1 2 3 1 2 3
2. リバースターンの4~6歩 1 2 3
3. ホイスク 1 2 3
4. シャッセ from P.P. 1 2& 3
5. ナチュラルスピンターンの1~3歩 1 2 3

そしてこのワルツは前半の山場、一つとても難しいステップがあります。それはスピンターンです。

1歩目でクルっと回る動作があるのですが、これが非常に難しいです。

男性は

  • 1歩目左足:少しよけるように後退、つま先を内側に向ける
  • 1歩目後退した瞬間に強く腕を回して、半回転弱の回転をする
  • 2歩目右足をしっかりと足の間へつく
  • 3歩目は回転を続けて斜め45度まで回る

女性は

  • 1歩目右足:相手の足の間に大きく前進
  • 1歩目前進した瞬間に腕と腰を強く回転させて、約半回転する
  • 2歩目の左足は、相手の右足の向こう側へ着地
  • 3歩目右足を相手の足の間へつく

これがスピンターンのコツになります。
初心者が覚えるにはとても難しいステップですが、どうしても使うので避けられないステップです。何度も練習してみてください。

もう一つ注意点は、ホイスクというステップです。

3歩目でPP(プロムナードポジション)になるのですが、ホールド・姿勢が崩れてしまう場合がとても多いです。ホールドを崩さないまま足を後ろにかけてください。

●チャチャチャ

チャチャチャで習ったステップは、ルンバで習ったステップにとても似ていましたね。同じ名前のステップでした。
ただ、ルンバと違うのはロックやシャッセという動きが入ってきます。

そして歩数が多いうえに、曲のスピードが速いので、とても運動量が多かったですね。

0. 予備歩 4&1
1. オープンヒップツイスト 2 3 4&1、2 3 4&1
2. ホッキースティック 2 3 4&1、2 3 4&1
3. ニューヨーク ×3 2 3 4&1、2 3 4&1、2 3 4&1
4. スポットターン to レフト(発展) 2 3 4&1

ルンバを覚えていれば、そんなに難しいステップではなかったと思います。ただ、とても速いので、勢い余ってしまったりします。なのでスポットターンが失敗しやすかったですね。

注意点は、ルンバと同じです。

  • ファンポジションで女性は足をそろえるところ
  • しっかりと片脚に体重を乗せること
  • カウントは2からステップする(予備歩は4から)

そしてステップが出来たらつま先から歩いてくださいね。

この種目は、体を沢山動かして速さに慣れたり、体を鍛えるのにとても向いているので、どんどん音に合わせて踊ってみましょう。

ごめんなさい、今月写真わすれました・・

トライアルダンス

6月26日のトライアルダンスが近づいてきましたね。

初心者クラスの皆さんは、まずは社交ダンスがどんな感じに楽しめるのかを知ってみましょう。

  • 今まで習ったステップでダンスタイムにチャレンジ!
  • 最初に習ったジルバでジルバ大会にチャレンジ
  • メンバー同士のダンスを観覧
  • プロのデモンストレーションを楽しむ!

こんな感じの楽しい一日です。
メンバー同士のダンスは、みんな一生懸命練習しています!
ぜひ楽しみにしていてくださいね。