サークルアクト2022年秋のトライアルダンス

サークルアクト2022年秋のトライアルダンス

すっかり秋が過ぎもうすぐ冬になりますね。
昨日は真冬並みだったとか💦
そんな秋の終わりにアクトではトライアルダンスイベント&アクト選手権を開催しました。

どんなイベントかというと、おもに社交ダンス初心者の方が、人前で踊ることにチャレンジしていく企画です。
目標をもって練習して、小さな舞台でもいいので披露することは、とても刺激があり楽しいものです。
今回チャレンジしたことを、ずっと忘れずに社交ダンスを続けてもらいたいな、と思っております。

それでは当日の内容と様子です。

★トライアルダンス★

・ジルバ講習
滝川先生のジルバ講習、皆さん真剣な表情で参加されている様子。
なかなか踊る機会がないので、皆さん思い出しながらもしっかりと踊れるようになりました♪

・トライアルダンス
3~4組のペアが、1曲1分半程度を踊ります。
基本順位をつけたりすることはありませんので人前で踊る練習にもなります。
この日に向けて皆さん練習に励んでいました✨

今回見学だった方も是非次回トライしてみてくださいね♪

 

・ジルバ大会にチャレンジ
講習の後は実際に楽しんで踊ってみました。短い講習でも素敵に踊れてしまうから不思議です。

  

・第5回アクト選手権

競技会形式の小さな選手権を行いました。
今回は、久しぶりの開催のため小規模で行いました。

 

また大きな会場で開催できたらいいなと思います。
是非皆さん、その際は振るって参加くださいね♪

 

・講師のプロデモンストレーション

サークルアクト講師によるプロデモンストレーションを3曲。


プロのデモンストレーションを初めて間近で見る方もいましたね。
いかがでしたでしょうか?

 

今回も盛りだくさんのイベントでした。

ジルバ大会では、思いっきり元気よく踊り、’’ダンスの楽しさ’’を感じて頂けたのではないでしょうか。
ダンスタイムは、実際に踊ってみてその難しさを感じられたり、また目標を見つけた方もいたのではないでしょうか。

そして、先生たちのダンス。プロのダンスは全然違って見えたでしょう。

ぜひ、社交ダンス続けて、いろんなことにどんどんチャレンジして楽しんでいってもらえたら、と思います。
次回のイベントもお待ちしてます♪

 

池袋(金)中級クラス 7月レポート

池袋(金)中級クラス 7月レポート

こんにちは!

北畑です^^

先週1週間、世界大会のジャーマンオープンに出場するためドイツへ行って参りました。

3試合に出場し、そのうちの一つ「マスタークラスⅠ」の部で4位入賞を果たしました!!

この様子は後日タキガワダンスのレポートに書きたいと思います。

3年前のジャーマンオープンの様子も書いてありますので、ぜひ見てみて下さい^^

アクト(金)中級クラス、7月のレポートです。

7月より動画⑥シリーズに入りました。

最初にレッスンしたのはルンバとスローフォックストロットです。

【スローフォックストロット】

中級クラスともなると、ステップは皆さんあっという間に覚えてしまいますね^^

中級クラスでは基礎練習も難しい内容で行っています。

スローの基礎練習は、フェザーステップとスリーステップを続けて踊る練習。

そしてスウェーのつけ方を練習しました^^

フェザーステップとスリーステップ、

これはよく出てくるフィガーですね。

フェザーステップは右回転、スリーステップは左回転ですが、その回転を起こすタイミングが難しいんですね。

カウントはどちらも「SQQ」です。

その「S」のカウントで「回転が始まる」のであって、回転を起こすのはもう少し後になります。

ほとんどの人はSのカウントで回転を終わらせてしまうので、「QQ」では運動が止まってしまいます。

「S」で回転が始まり、「QQ」で回転が完了しなくてはいけません。
皆さんが思っているより、もう少し後まで回転が続くんです^^

それが基礎練習で出来ればいいですが、これがけっこう難しかったですよね^^

まずはシャドーで出来るようになりましょう。

【ルンバ】

ルンバでは、スリースリーやスライディングドアーといったフィガーがありました。

女性がずっと回転しっぱなしです^^

男性は女性と比べて回転が少なかったのですが、男性も一緒に回転の基礎練習をやりました。

足型は、「開く→閉じる→開く」のいわゆるシャッセ。

そこに回転を加えての基礎練習です。

回転をする時、回ることばかりに気をとられて「体重の移動」をしない人は多いですよね。
そもそもシャッセをする時、足を揃えた瞬間に体重移動が行われるのですが、ここに回転が入ると両足に体重を置いてしまうんですね。

回転が入ってもやることはシャッセと同じです。

結局「ウォーク」になりますね^^

あとは、回転をする時のバランスですが、ボールで回転してもフラットで回転しても、バランスはなるべく「かかと」の方へ置くようにしましょう。
前へ突っ込んでしまいますからね。

スタンダードもラテンもとにかく回転が多いですが、忘れてはいけないのが、それらは必ず「ウォークの中で行われている」ということ。

回転が上手く出来ない人は、体重移動がちゃんと出来ているか、バランスは前に行っていないか、など原因を探ってみましょう。

きれいな回転が出来るようになるといいですね^^