池袋(火)6月 初心者クラスの様子

6月から初心者クラスは後半種目に入りました。
後半の種目になると、ちょっと今までより難しい種目になってきますので、出来るだけ休まずいらして欲しいですね。

また6月に合ったイベント、トライアルダンスに参加してみました。
今期から始めた初心者の方は、主に見たりダンスタイムにちょっとチャレンジしたりと、初めてのイベント参加でしたが、とても楽しめたみたいですね。後でその様子も少し見せますね。

●サンバ

サンバは、ブラジル発祥のダンス。
皆さんが良く知っていると思われるサンバ(女性が派手な衣装で踊るダンス)とはちょっと違っていて、イギリス式のサンバになります。

本場のサンバは腰を振るのが特徴ですが、イギリス式サンバは上下動が特徴になります。

1. ホイスク ×4(4回目回転してP.P.へ) 1a2 1a2 1a2 1a2
2. サンバウォーク in P.P. ×3 & サイドサンバウォーク 1a2 1a2 1a2 1a2
3. クリスクロス ボタフォゴ 1a2 1a2 1a2 1a2
4. クリスクロス ボルタ 1a2a3a4 1a2a3a4

まずはとにかく3歩ずつステップしましょう。
慣れていない人だとどうしても、3歩がリズミカルに踏めず、足がおかしくなってしまいます。
「1・2・3」
と数えながら、確実にステップしていってください。

そして、バウンスという上下動が特徴的ですね。かかとを上下させながら踊りましょう。

慣れるととても楽しい感じで踊れるでしょう。比較的覚えやすい種目です。

 

●クイックステップ

クイックステップは、フロアを飛んだり跳ねたり、非常に目まぐるしく移動するダンスです。
今回習うベーシックステップ(基礎ステップ)では、そんなに飛んだり跳ねたりはしませんが、やはり移動量はかなり多いですね。

0. 予備歩 Q
1. ナチュラルスピンターン SQQ SSS
2. プログレッシブシャッセ SQQS
3. フォワードロック×2 SQQS SQQS
4. ナチュラルスピンターンの1~3歩 SQQ

 

ワルツと同様のステップを使うので、途中までは前回までに習ってきたステップと同じになります。
なので比較的覚えやすい種目でもあると思います。

しかし、音楽でおどってみると音楽とずれてしまうことがとても多いです。

Sカウント(スローカウント)では、時間をかけて歩幅を広げてみてください。慌ててステップするとどんどん音から外れていってしまいます。

また、ワルツと同様に上下動がありますので、それも丁寧に行いましょう。

●トライアルダンス

初めてのダンスイベントに参加しました。

・ダンスタイムに挑戦

・ジルバ大会にチャレンジ

・メンバー同士でペアを組む模擬戦(トライアル)を観戦

・講師のプロデモンストレーション

といった、盛りだくさんのイベントでしたね。
メンバーの人が踊っている様子は、自分の今後のイメージがわいてきたかと思います。
ジルバ大会で、思いっきり元気よく踊ってみるのは、ダンスの楽しさを感じれたと思います。
ダンスタイムは、習っただけでは中々実戦で踊るのが難しいなあ、と感じたと思います。

そして、先生たちのダンス。プロのダンスは全然違って見えたでしょう。

ぜひ、社交ダンス続けて、いろんなことにどんどんチャレンジして楽しんでいってもらえたら、と思います。