第3回 社交ダンス交流会

GW真っ只中でしたが、第3回社交ダンス交流会を開催しました。

今回は10名の方がいらしてくれました。

始めての人たちでも、たった数回やれば十分踊れるようになるんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、もう3回目の方たちは、大分踊れるようになって来ましたね。

慣れは重要ですね。始めたばかりの時期は、踊る回数が重要です。

今日は前回の復習をしながら、新たな種目を覚えていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

暑くなってきたので、みんないい汗をかいていましたね><

 

●タンゴ

前回覚えた、5ステップをしっかり使えるように練習しましたね。

これを覚えれば方向転換が楽になるので、パーティーなどでも大分踊りやすくなるはずです。

色々覚えるのは大変なので名前はいってませんでしたが、ここには書いておきましょう。

  1. 2ウォーク
  2. プログレッシブリンク
  3. クローズドプロムナード
  4. 2ウォーク
  5. プログレッシブリンク
  6. クローズドプロムナード
  7. バックコルテ
  8. 5ステップ
  9. クローズドプロムナード

ですね。

これだけ覚えれば、まずはOKです^^

もう一つタンゴの特徴をお話しました。

  • ちょっと低い姿勢
  • ホールドの組む位置が普通とちょっと違う

覚えておいてくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●ジルバ

ジルバも新しいステップを追加してみました。

クレイドルと言うステップです。ゆりかごって意味かな。

女性の手をクロスさせて、前後に動きます。

動画見てもらったほうが早いですね^^

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=rOh6uOC0gVQ&feature=player_embedded[/youtube]

 

●ワルツ

さあ、初めて出てきました。ワルツです。

このワルツ、とても有名な種目ですが、実は結構初心者には難しいステップなんです。

 

なので、こんかいは、すこし変則的なステップ(普段あまり使われない流れ)ですが、

覚えやすい、かつ、ワルツを知ってもらえるステップをやってみました。

今回やったステップは

  • クローズドチェンジ
  • プログレッシブシャッセ
  • ナチュラルターン

というものでした。このステップの弱点として男性が常に後ろ向きになってしまう・・・

次回改良が必要ですね。

 

ワルツで良く踊られるナチュラルスピンターンは、非常に初心者にとって難易度が高く、

お勧めできません。1回の講習で簡単に踊れるようにするには、ナチュラルスピンターンは厳しいのです。

かといって、クウォターターンとアウトサイドチェンジを繰り返すステップはワルツとは言いにくいですし・・・

何か良いステップがないものですかね。

 

 

 

 

 

●2次会

今回は人数も少なかったのでこじんまりでしたが、メンバーは元気元気。

食べて食べて、飲んで飲んで。

今日は汗かいたからビールがおいしいことおいしい事。

 

 

 

結局みんなは3次会までいったそうです。先生はむりです><

撮影会場「ダンスdeパーク」