アクト池袋(月)初中級クラス 2月レポート

暖かくなってきましたね(●´∀`)ノ

だんだん春の足音が聞こえてきました♪

春は大好きです0(^^0)

感染者も更に減ってきて、良い方向に動いているのではないでしょうかね!

あともうひと踏ん張り!!

さて、今回のレポートは月曜日の初中級クラスです^^

初心者クラスより人数が増えて、賑わいを見せた月でしたね♪

 

ヴェニーズワルツとチャチャチャのレポートを書きたいと思います。

 

【 ヴェニーズワルツ 】

ヴェニーズワルツはテンポの速いワルツです。

踊るステップは「ナチュラルターン」「リバースターン」「クローズドチェンジ」

の3つだけなのですが、テンポが速すぎて音楽に合わせられない人が多いですね(´‐ω‐)

ヴェニーズワルツに限らずですが、

「内回り」と「外回り」を理解しておかないといけません。

●内回り・・・歩幅は小さく、回転量は多め。

●外回り・・・歩幅は内回りの人より大きく、回転量は少なめ。

(最終的には回転が起こりますが、内回りの人に回してもらいます)

簡単に説明するとこんな感じです。

 

ですから、内回りの人が大きく動いてしまうと、外回りの人との入れ替わりが出来ないんです。

 

もう一つ。

足の引き寄せをスピーディーに行わなければいけません。

例えば、「1」のカウントで右足を前進する場合、同じカウントの間に左足が揃ってきていないといけません(´ω`*)

相当速く動かさないと、、、、(笑)

 

そしていつも言っている「ホールド」ですね!

ホールドをしっかりキープ出来るようにしましょう。

大きくこの3つの事が出来れば踊れるでしょう^^

 

焦らずゆっくりでいいので、これらの事を意識して踊ってみて下さいね!

 

 

【 チャチャチャ 】

このクラスでレッスンしたのは、チャチャチャ③です^^

「ナチュラルトップ」と「クローズド・ヒップ・ツィスト」をやりましたね!

女性はずっと回転しっぱなしで大変だったと思います(笑)

 

まずナチュラルトップですが、

男性女性共に、相手を避けながら回転してしていました。

ナチュラルトップは、常に相手に体を向けて踊らなくてはいけません。

肩、おへそ、膝、これらすべてを相手に向けてステップを踏んで下さい。

右足を出す場所が、相手の足の間になるはずです。

あと回転をする際、「背中を回す」と言ったのを覚えているでしょうか?

足を出しに行くのではなく、背中で回転を起こし、そこに足がつくのです。

これが出来るようになると、ナチュラルトップはかなり踊りやすくなりますよ!

 

チャチャチャもテンポが速いですから、ステップを踏むだけで精一杯でしょうが(笑)

 

クローズド・ヒップ・ツイストは、女性が回転ばかりで大変なステップです(笑)

ナチュラルトップが終わったら、半回転が2回続きます。

それも右回転と左回転、、、( ̄∇ ̄*)

 

まずはホールドをしっかりキープしましょう!

そのホールドから足がはみ出ないよう、歩幅を小さくして踊って下さい。

ラテンはとにかく歩幅を小さく!

です(*’-^*)ゞ

これは男性も同じですね。

ホールドはしっかりキープしましょう。

更に男性は女性の回転を補助するため、ホールドを回転させます。

これがリードになりますね。

 

なかなか生徒さん同士では上手く踊れないと思いますが、そんな時こそ大事になってくるのが「基礎練習」です。

・ホールドの組み方

・男女のポジション

・内回りと外回り

などなど、基礎はいっぱいあります(⌒o⌒)

うんざりするほど(笑)

 

でも、きれいに踊れるようになるのは間違いなし!

諦めずに基礎はしっかりやりましょう^^

 

何事も積み重ねが大事ですヾ(・ω・*)ノ