池袋(火)初心者クラス 10月の様子

滝川です。大変遅くなってしまいましたが10月の池袋初心者クラスの様子です。ちょっとやることが多すぎる状況で、手が回っていません。困りましたねえ。

しかもこの忙しいときに限って、壊れます。ものが壊れるんです。

  • 池袋教室のPCが不調(だましだまし使用中)
  • 川口教室のPCディスプレイが壊れる(ご臨終)
  • 自宅のキーボードが壊れる、その影響でPCも壊す(何とか修理)
  • 音楽再生用のipodが2個壊れる(修理に出す??)

いやあ、、ほんと参ります。

PCやipodの数が多い教室なので仕方がないのですけどね。なにせPCだけで6台(イベント用も含めれば8台)、iPodは4台、iPadは2台・・・
たぶんタキガワダンススクールは、全国で一番PCが多い社交ダンス教室だと思いますよ笑

さて、初心者クラスも3か月目に入り、佳境となってきました。後半の山場、スロー・ジャイブ・パソドブレ・ヴェニーズといった種目が始まりました。

●ヴェニーズワルツ

ヴェニーズワルツは、くるくる回り続ける美しいダンスです。

が、、ひたすら同じことを繰り返すのでとても目が回りますね。

習うステップはナチュラルターンとリバースターンだけなのですが、実はこれが非常に難しいです。

 

しっかりとポイントをつかんでステップをしないと全然できない種目でした。

ナチュラルターンの大事なポイントは

  • 前進の2歩目はしっかりと相手のことを追い越す位置にステップ
  • 後退の人は、1歩目も少しよけるが2歩目もよける位置につく
  • 結果、前進はたくさん進んで、後退は少な目になる

といった感じでした。

男性は、後退の際にスピンターンのように動いてしまう人が多いので気を付けてくださいね。

リバースターンの大事なポイントは

  • いつも以上に左側(左後ろを見るつもり)をみて、回転を強くする
  • 前身の際の2歩目の右足の位置は、1歩目の左足の延長線上へ着地する

というところでした。

この辺をしっかりと守ってステップしないと、4回も繰り返すうちにまともに進めなくなってしまいます。同じことを繰り返すというのはとても難しいのです。

ヴェニーズワルツでその人のスタンダードのレベルがわかってしまうというぐらいとても重要な要素なので、しっかりとナチュラルターンとリバースターンを身につけてみてくださいね。

●パソドブレ

1. スパニッシュライン
(Spanish Lines)
1234
2. フラメンコタップ
(Flamenco Taps)
12&34
3. プロムナードクローズ&シャッセ
(Promenade Link & Chasses)
12 34
4. ドラッグ
(Drag)
1234
5. プロムナード
(Promenade)
1234 1234
6. エカルト
(Ecart)
1234
7. プロムナードクローズ&シャッセ
(Promenade Close & Chasses)
12 34
8. シャッセ to R
(Chasses to R)
1234
9. オープンテレマーク (回転量少なく)
(Open Telemark;TurnLess)
1234
10. プロムナードクローズ&シャッセ
(Promenade Close & Chasses)
12 34
11. セパレーション with レディースケーピングウォーク
(Separation with Lady’s Caping Walks)
1234 1234 1234 1234

パソドブレは比較的簡単な種目なのですが、ステップは、ちょっと長めですね。今までの種目よりかなり長いので、何度も繰り返して体に覚え刺させてくださいね。

ステップに関してはもう覚えるしかありません。ヒールから歩くこともできるので、ステップの注意点もそんなに多くありませんでしたね。

ただ1点、それは戦っているイメージを出すことです。
パソドブレは、闘牛士と牛の死闘が繰り広げられている様をダンスにしています。

腰を入れてシェイプという姿勢をとると、力強い格好に見えます。シェイプをしたままステップを踊るようにしてみてください!

●最後に

さて火曜日クラスも11月で最後ですね。12月からはまた新しいメンバーが参加して、最初からになります。1周終わった方は今度はステップを覚える目的ではなく、注意事項や歩き方・体の使い方が出来るようにするのを目的にしてみてくださいね。

新規の方募集もしています!
ぜひこの機会に社交ダンスを始めてみませんか?

池袋社交ダンス初心者クラス⇒