3月8日 ベーシック:クイックステップ 中級:ジャイブ &トレーニングについて

今週は新たに一人体験で男性がいらしてくださいました。

来週から入会してくださるそうですヽ(^o^)丿

今週は人数もかなり多く盛り上がりました。

春に向けて新しい人がもっと入ってくれるとうれしいですね。

 

●クイックステップ

前半は、クイックステップの①です。

  1. ナチュラルターン
  2. スピンターン
  3. プログレッシブシャッセ
  4. フォワードロック×2

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=WKk7wOh2-Hs&feature=player_embedded[/youtube]

です。

ステップはすでに、香織先生の予習グループで習っていたので、大分スムーズですね。

いくつか注意点がありました。

まずは、フットワーク。

特にプログレッシブシャッセと、フォワードロックの際に間違えやすいです。

ヒール、トゥ、トゥ、トゥ ですから、気を付けましょう。

 

そして、フォワードロックする際のアウトサイド。

男性が、女性の外側へ前進するのですが、ここでおへそや腕の向きが女性の方を向いていないと

相手を引っ張ってしまいます。

なので、しっかりと体を右へ絞ってください。

これは女性も同じですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

●ジャイブ

今週のジャイブのステップはそんなに難しくありませんね。

もうすでに何度もやってきた人もいますし、だいぶスムーズでした。

シャッセに関しても大分みなさん上手になってきましたね。

年長の方でも繰り返していると、だんだん上手になってくるのがわかります。

やっぱり繰り返し・継続は大事ですねえ。

 

アメリカンスピンのリードについて、ちょっとお話しました。

男性が、女性を押し出しているのをよく見かけますが、

あまり押し出してはいけません。どちらかというと壁になるようなつもりでやりましょう。

男性の方が力が強いのですから、男性が少しのつもりでも女性からするとかなりの力を受けることになります。

壁を作って、女性が押した分押し返してあげるような気持になるとうまくいくでしょう。

 

●トレーニング

 

みなさんは普段トレーニングをしていますか?

ダンスにおいて、いえダンス以外にも日常生活においても、トレーニングはやっておいた方がいいと私は思います。

トレーニングの効果は明白です。

つらかった階段が楽に上がれたり、履けなかったズボンがはけたり、そして何より怪我が減るでしょう。

 

社交ダンスをされている方は、年齢が高いこともあり、私が教えている方でも、

多くの人がけがに悩まされています。

怪我の原因はちょっとしたこと。つまずいたり、ぶつけたり、ふらついたりと・・・

 

でも、トレーニングをしていればそんなことも減ってくるでしょう。

事実、私の生徒さんでもトレーニングをされている方は、とても健康的です。

 

では、手軽に出来るトレーニングはどんなのが良いでしょうか?

 

★かかとあげ・階段昇降

 かかとあげ、いわゆるライズ状態ですね。これのキープは、ふくらはぎに筋肉をつけます。

 階段昇降は、太もも・お尻の筋肉を鍛えてくれます。

 脚力は、日常生活、そしてダンスにおいてもとても重要なものです。

 

★腹筋・背筋

 体幹の筋肉ですね。特に背筋は非常に重要です。

 猫背、首が前に出ている人などは、背筋が足りていません。

 ベッドに寝そべって、体を起こすだけでOKです。

 

★腹筋・背筋のひねり

 これは日常的にあまり使わない筋肉なので、非常に弱い方が多いです。

 しかし、この筋肉は体のバランスをとったり、プロポーションをつくるのに非常に重要な筋肉です。

 椅子やベッドに腰掛けた状態で、上半身をひねってください。

 真後ろの壁などに手が付くところまでひねります。

 この際に、上半身がまっすぐを保ったままひねるのが重要です。

 

こんな、トレーニングを少しするだけで健康的になりますし、ダンスのレベルも確実にアップします。

病気はお金で治せても、健康はお金では買えません。

TVのCMの間にちょこっとやるだけでもいいと思います。

みなさんも是非やってみてください。

撮影会場「ダンスdeパーク」