社交ダンスサークル・教室<ダンスサークルアクト 日暮里>の感想、評判

<ダンスサークルアクト日暮里>参加者の感想、評判

日暮里に参加された方の感想です。
ぜひ参考にしてみてください。サークルの様子がわかると思います。
でも実際に体験してみるのが一番ですので、ぜひ体験をお申し込みください!

7期 女性Kさん

人間関係大変かなぁとか、レッスンについて行けなかったらお邪魔虫になるよなぁとか、なかなか踏み切れなかったダンスサークル・・。

何年も悩んでいたけど、これじゃ前に進めない!意を決してネット検索!

そしてアクトを見つけました。選んだ理由は年齢層・その他イベント等、レッスンだけではなくて楽しそうだったからです。
結果は大正解でした!

ドキドキのサークル初日。
先生は明るくて本当に気さくな方で一安心♪
先輩方は休憩時間・レッスン終了後にお声をかけてくださっての復習♪

心配や不安は無用でした。もっと早く行動すれば良かった~~と後悔しています。
まさに案ずるより産むが易し♪

ダブルスのスポーツはいっぱいありますが、2人で球を打つ・2人で1つを表現するスポーツは少ないと思います。簡単では無いから面白い!です。
是非是非、脳みそ・身体の活性化にもお勧めしたいです。
・・・今からやってたら・・・老後はスターだわ^^v

7期 男性Aさん

・講師の写真を見てピンっときた
・レッスン場が近い、または通勤経路内
・そう言えば昔芸能人の社交ダンス番組視ていた
・一度きりの人生、豊かに楽しく充実させたい

これ自分が社交ダンスを始めようと思ったきっかけです。
大したきっかけではないかもしれませんが6か月前のあの時、一歩踏み出して社交ダンスを始めて本当によかったと今は心から思っています。

サークルアクトの社交ダンスを通して自分が体験した事、経験した事を少し紹介したいと思います。

●得られるもの/得られたもの
・仲間(とても重要)
・各種目を学び終えるごとの達成感
・上手く踊れた時の充足感

●発表会/Jカップ
サークルアクトの目玉イベント。日頃の練習の成果を出し切れる日。出場は任意ですが人前で踊れる機会はなかなか無いのでとても貴重な経験になります。
社交ダンスを始めて6か月目に初めてJカップに出場しましたがあの緊張感、昂揚感、喜び、悔しさ、久しぶりに感じました。

●各種アクティビティ
その他にも年間を通していろいろな企画があります。皆でダンスホールへ行って踊ったり、シゴキ(笑)の合宿なんかもあったりします(合宿楽しかったなぁ)。どの企画も社交ダンスの楽しさや面白さを体験できて最高の思い出になりました。

社交ダンスを始めて6か月。いつの間にかレッスンのある日が楽しみになっていました。
たまに恐い先生の熱心な指導、仲間がいることのありがたさ、とても恵まれた環境でステップを踏めているなと感じています。
感謝の気持ちを忘れずにこれからもみんなと一緒に楽しい社交ダンスライフを満喫していきたいと思います。

  • 4期 女性Sさん
    • 私がアクトに通い始めてちょうど1年が経ちました。
      社交ダンスを習っている友人の話から社交ダンスに興味をもち、色々調べてアクトを知り、見学させて頂き、楽しそうだなぁ♪と感じて、実際、初日のレッスンがとても楽しくて、即入会しました。

      アクトでレッスンを初めてから、よりダンスが上手になりたくて、まず脚力を少しでも鍛えようと駅はエスカレーターを避けなるべく階段、今まですぐ車に乗っていたのを徒歩20分までなら歩こうとか、色々ダンス思考に変わっていきました。
      そうしたら、なんと!半年で8キロも痩せたんですよ(元の体重はナイショですが)。
      おかげさまでコレステロール値も正常になり、何より体が軽くなったのでダンスも益々楽しくなってきています。

      ステップを覚えるのは正直難しいです。でもお手本となる先輩方がいつも居てくれるので心強いです。
      パーティー、合宿、競技会、色々な催しも企画してくださり、お教室に通うのとはちょっと違った楽しいサークルです。

      1年経った今、アクトに出会えてよかったと心から感じています。
      もし、躊躇しているなら一歩踏み出して!。私たちはいつでもwelcomですよ~。

  • 4期 男性Yさん
    • 1.入会のきっかけ
      ①随分昔のことですがテレビを見ていたらプロ世界ダンス選手権(と言うのでしょうか)を放映していて、外国選手の流れるような華麗なステップ、それも美男美女で、即座に私もやってみたい。30年以上も前のことです。

      ②長い月日が経ちましたが、昨年63歳を間近にして持病の腰痛が治りかけて、『さてと、このまま歳をとってしまうのもつまらないので何かしよう』と思っていたら、『そうだ、社交ダンスがあったじゃないか、やってみよう。』というおとになり、早速、パソコンで『社交ダンス教室』で検索したところアクトにたどりつました。30代・40代・50代のミドル世代に向けた社交ダンスサークル』とあり、私は60歳過ぎだけれど『思い立ったら、今すぐに始めて見ましょう!!』のフレーズが背中を押してくれました。他のダンス教室は検討することなく(検討する知識がなく)アクトにしました。

      2.アクトの雰囲気
      ①さて、私がダンスサークルアクトに参加したのは平成28年7月からで、私は第4期生とのことです。その初日から参加しましたが,事前に見学をしてみて当初敷居が高いのではと感じていたのは杞憂でした。皆さん笑い顔で話をしたり、ダンスの練習をしていました。なんとなく安心して私にも出来そうという感じでした(あくまで感じ)。

      ②最初は緊張して自分が何をすればよいのかも分からないということもあるかもしれませんが、初心者であることを素直に認め謙虚に学ぶ意識があれば必然と周りとの調和も生まれ、先輩の方々から色々とアドバイスをしてもらえるものです。私も色々ステップを教えてもらいました。先輩方も素直に教えを乞う者には喜んで教えてくれるものです。

      3.アクトの練習
      ①アクトのレッスンはサークル形式で多数の人と一緒に練習するのですが、私にとってはこの練習方法が合っていました。レッスン時間は十分とってありますし、何より和気藹々と練習できる環境が良いと感じました。受講料が1回1500円の言うのも魅力のひとつです。

      ②ただ、アクトのレッスンはすべてのステップを4ヶ月で学ぶスケジュールとなっていますので、とても進行が早いので4ヶ月ですべてのステップを習得することは出来ません。当たり前のことですが社交ダンスはそんな簡単なものでなないことすぐ気づきます。でも、やる気と真摯な練習態度があれば自ずと上達するものだと信じています。私も半年くらいは茨の道でしたが、『努力は身を助ける』ではありませんが先生の指導に従って練習すれば何とかなるものです。

      ③アクトではレッスンの中に『基礎練習』というのを取り入れています。他の教室ではあまりやっていないようですが、基本、基礎、原理、原則は全体を支える主軸となるものでダンスでも同様です。私はこの基礎練習が好きです。『上手く踊りたい、格好良く踊りたい』とは誰でも思うことですが、この基礎練習が踊る姿勢やステップ、体の動かし方、ダンス全体にも現れるもので、それが上達不可欠であると先生も言っておられます。ちと辛いけど自分をいじめてダンスが上達するのは楽しいものです。もう少時間を多くとってもらえるといいかなと個人的には思っています。

      ④レッスン後時間がありますので皆さん残って練習をしています。私はすぐに帰ってしまいますので、余り参加しませんが、今後は、残って復習でもしようと思います。

      4.あとがき
      社交ダンスも時代により流行りスタレがあるようですが、目的意識をしっかり持って臨めば楽しく長く続けられると思います。余談ですが、アクトは飲み会が月1度あります。私は歳のせいか早寝なので参加する機会はそう多くないのですが、これも結構面白いものです。是非どうぞ。

  • 2期 男性Yさん
    • 千載一遇

      40歳手前。体は軋み、これまで買い足してきた衣類は色褪せて見え始め、仕事に飼いならされている現状に苛立ちを感じ、それまで積み重ねてきた価値観がぶれ始めておりました。
      その頃は、明らかに直感が、自分の肉体や人生、そして価値観について再構
      築することを求めているようでした。

      そんな焦燥感の日々の何気ない日常に、ブエノスアイレスの老夫婦が、人生を振り返るように、しっとりと哀愁を漂わせながらタンゴを踊っている情景が飛び込んできたんです。膨大な情報の中で埋もれてゆくはずの情景が、何故か心に引っかかる。その場面がふとした瞬間、脳裏にフラッシュバックする。
      そうこうするうちに、『あれっ。あんな風に年を重ねるのってカッコいいな。会話を交わさなくても、踊ることで相手の心情が理解し合えたら素晴らしいな。』なんて反芻しはじめ、いつの間にか社交ダンスにたどり着いたのが、いまの私です。

      ところで、社交ダンスをしてみて、とってもいいなと思ったことは、3つあります。
      一つは、身体がしなやかになり、肩こりが取れ、20歳のころのウエストが取り戻せること。
      二つ目は、自分より10年又は15年以上先の人生を歩んでいる方々の中に、自分の指針を見つけるきっかけとなる紳士・淑女と出会うことができること。
      三つ目は、他人の価値観に左右されずに、自分のスタイルを貫き通す姿勢が整うこと。
      というのも、社交ダンスというクラシックな趣味、本物の趣味を続けることで、人にどう見られたいかではなく、自分がどうありたいかを表現できるからです。

      最後に、残念ながら、社交ダンスを見る世間の目は、多くの誤解と偏見に溢れています。
      よく『社交ダンスをしています。』というと、クスクスと笑われます。『社交ダンス=お笑いタレントがする滑稽な踊り。』みたいな風潮。これについては、不憫だなと思っております。
      海外や日本のプロダンサーによる本物の社交ダンス。それに触れる機会がない方々。どんなに良いものも、個々人が自分で気づかなければ、たどり着けないものなのかもしれません。

      また、異性の体に触れることから、不倫の温床なんてことも言われます。確かに、ダンスより異性が好きな方もいらっしゃるでしょう。ただ、どんなコミュニティーでも、そこに集う人間次第でサークルの品性は変質します。だから、どのコミュニティーにも存在する危険性として、普段から気を付けております。
      もっとも、純粋に踊ることが好きな紳士・淑女には、そのようなことは起こりませんが。

MENU