5/26 川口初級&中級合同 ルンバ&タンゴ

5/26 川口初級&中級合同 ルンバ&タンゴ

今月からスタートした新しい期も3回が過ぎ、今回は初めての初級&中級合同レッスンでした。
普段は別々のスタジオでレッスンしているので、初めて顔を合わせる方が多かったのではないでしょうか。
これから初級の皆さんも中級の方々も、一緒にダンス頑張っていきましょうね!

ルンバ②

予備歩41
オープンヒップツイスト2 3 41 2 3 41
ホッキースティック2 3 41 2 3 41
ニューヨーク 3回2 3 41 2 3 41 2 3 41
スポットターン to ライト2 3 41 2 3 41

①オープンヒップツイストに戻って繰り返し



画像の説明

ルンバは「1 2 3 4」という4拍子の曲ですが、最初の「1(ワン)」は前の小節の最後の「4(フォー)」とくっつけて「41(フォーワン)」で1歩あるくというちょっと変わった拍子の取り方をします。
「41」で1歩、「2」で1歩、「3」で1歩です。
慣れないうちはちょっと戸惑うかもしれませんね。
でもこれだけ気を付けていれば、大抵のステップは大丈夫です。

例えば、スポットターンが上手くいかない人が多かったようですが、これは回ったときにどっちの足に立っているかが曖昧になるからです。
1回転するというよりも、「2」で横に1歩、「3」で向きを変えてで1歩、「41」また向きを変えて1歩、と歩いてみてください。

それからルンバは、つま先を絶対に床から離さないこと!
常につま先を床にこすりながら歩くように気を付けてみてくださいね。

タンゴ①

ウォーク2歩SS
プログレッシブリンクQQ
クローズドプロムナードSQQS
ウォーク2歩SS
プログレッシブリンクQQ
クローズドプロムナードSQQS
バックコルテSQQS
ファイブステップQQQQS
クローズドプロムナードSQQS

①ウォークに戻って繰り返し



画像の説明 画像の説明

最初に習ったブルースと同じく、タンゴは「S(スロー)」と「Q(クイック)」でステップをカウントします。
「Q」は1拍、「S」は2拍。ですので「S」は「Q」が2つ分の長さということですね。
たまに「QQQQ」とか「Q」がたくさん続くときは、便宜上「1234」とカウントしたりもします。
例えばファイブステップは「QQQQ S」ですが、「1234 S」と言うこともあります(5歩目がSなのを知った上で「1234 5」と言ったりもします)。
なので数字で言われても「あ、Qのことだ」と思ってくださいね。

先ほどのルンバ同様、タンゴも「S」で1歩、「Q」で1歩あるきます。
カウントごとにきちんと右足・左足・右足・左足どっちか片方の足に乗るようにしてくださいね。
クローズドプロムナードなど足をそろえるステップのときは、左右どっちの足に立っているのかが曖昧になりやすいので気を付けてください。

「S」で1歩、「Q」で1歩と言いましたが、ときどき例外もあって、それが ⑧ファイブステップ です。
ファイブステップの最後の「S」は歩きません(左右の足の体重移動をしないということです)。
女性の体の向きが変わるだけです。
こういう特殊なのはその都度やっていくので大丈夫です。
基本は「カウントひとつで1歩」!

ダンスメイク♪

経験者の皆さんはJカップに向けて、自主練習会を催したり頑張っていますよね。
踊りはもちろんですが、女性はドレスやメイクやヘアも気になるところではないでしょうか。

先日、Sさんが香織先生にメイクレッスンを受けていらしたので、お願いしてそのときの写真を頂きました!
快く掲載許可をくださったSさん、ありがとうございます~。

画像の説明 画像の説明

香織先生がおっしゃっていたメイクのポイントは
・ドレスに負けないメイクにする
・照明で飛ばない(ぼやけない)顔にする
ってことだったと思います。

とは言っても派手なら良いってことではなく、自分の顔に合っているのが一番とのこと。
写真のSさんも、最初はバサバサの付けまつげを付けてみたけれど、外してみたら「ない方がスッキリしていていい!」って言われたのだそうです。

人の顔はそれぞれですものね。
メイクも試行錯誤と練習あるのみなんですね。
女性の皆さん、やることいっぱいですが頑張りましょう~♪
(もちろん男性の皆さんも、ひたむきな自己鍛錬、頑張ってくださいね!(笑)

画像の説明

↑メイクレッスンを終えた香織先生とSさん。
きれいな立ち姿ですね!

MENU