池袋初心者クラス 8月スタートクラスの様子!

池袋初心者クラス 8月スタートクラスの様子!

こんにちは。池袋(火)初心者クラス担当の滝川です。

今月から初心者クラスがスタートしました。
あいにく、コロナの感染者数がすごい数になってしまい、申し込みいただいた方も結構な方が次回スタートになってしまいました。残念ですが仕方ありません。もう少し落ち着いたらぜひ社交ダンス始めてみましょう!

本日の感染者は1000名を切って、だいぶ落ち着いてきましたので10月スタートがいいと思います。

●ブルース

初めての人はこのブルースから始めます。

クォーターターンというステップから覚えましょう。ステップ自体はとても簡単です。
しかし組んで踊ると、途端に難易度がアップしましたね。

姿勢
組み方
そして足の出す位置、この3つをしっかり覚えましょう。

ペアで踊る社交ダンスは自分のステップを覚えただけでは、相手とうまく踊れません。
正しい姿勢、正しい組み方、そして正確に足の出す位置を覚えてください。

ちょっと覚えることが多いのですが、これが社交ダンスが病みつきになる要因の一つでもあると私は思っています。ぜひしっかり覚えてみてください。

さらに、ステップ名称とカウント、そして方向。
この3つも覚えていくといいですね。

1. クオーターターン(前進)
Quarter turns(Forward)
SSQQ
2. クオーターターン(後退)
Quarter turns(Backward)
SSQQ
3. クオーターターン(前進)
Quarter turns(Forward)
SSQQ
4. クオーターターン(後退)
Quarter turns(Backward)
SSQQ

●タンゴ

3回目から覚え始めたのはタンゴでした。

タンゴは力強い感じで演奏される4拍子の音楽です。(正確には2拍子という事なのですが、まあ4拍子で問題ないです)

踊りの特徴は、上下動がなく横に移動量の多いダンスになります。首を素早く振ったりとスタンダードの中では鋭く激しく踊るダンスになっています。

最初に覚えるのは、2ウォーク、プログレッシブリンク、クローズドプロムナードです。

階段状に進んでいきます。これにバックコルテを覚えれば方向転換をしながらフロアを1周できますね。

プログレッシブリンクというステップで、PP(プロムナードポジション)になります。
これは男性・女性共に、進行方向を向くという状態になります。

このプロムナードポジションは姿勢が崩れやすいのでしたよね。肩が出てしまうのできをつけてください。

●ルンバ

ルンバも覚え始めました。
ゆっくりな音楽で踊る4拍子のステップです。

ゆっくりなので最初に教わることの多い種目なのですが、実は初心者殺しの種目です。かなり特殊な種目なんです。

  • 4拍子で3歩ステップ(3歩目を2拍とる)
  • 1歩歩くと片足に全部体重を乗せる
  • つま先からステップする
  • カウント2からステップする

という感じで、かなり覚える事があります。
あまり運動してこなかった方などは、覚えただけではできない部分が結構多いです。
何度も何度も繰り返して体に覚えこませていきましょう。

結構難しい種目です。前半のラテンの山場といってもいいぐらいです。動画などを見てしっかり復習してみてくださいね!

 

皆さんレッスン終了後の自主練習も欠かしません。しっかり復習してから帰られる方は必ず上達しますよ!
あ、ちなみにこのクラス、女性が少ないです。ぜひ女性いらしてみて下さい!

 

アクト川口(金)初心者クラス8月レポート

アクト川口(金)初心者クラス8月レポート

こんにちは!講師の狩野です。
なんだか寒い日が続いたりしてもう夏終わり?と思ったらまた暑い日が戻ってきそうですね。

今年何か夏っぽいことやったかなとふと考えてしまうような日が続いていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

パラリンピックもアッという間に終わり、首都高が通常料金に戻りました(笑)助かります。
ちなみに開会式の日は東京タワーもこんな彩りになっていましたよ。

その後は雨が続いたりと…(雷激写)

 

 

さて今回はパソドブレのシェイプとタップについて考えてみましょう!

 

パソドブレはシェイプをキープしながら踊るのがホントに大変ですよね。

まずはシェイプの作り方から。僕が最近サークルで行うのはタオルを持ってそれをケープに見立ててシェイプを作り、形状記憶させてから最初のスパニッシュラインに入ります。

その際は腰椎だけ反るとお尻が残ってしまうので、お尻の下の坐骨をグイッと後ろから前に押される感じを作りましょうねと伝えています!

基本的には踊っている間そのシェイプをキープしていたいのですが、なかなか上手くいかないのが現状ですね。

何回も練習をして腰が痛くならないシェイプを作りましょう。

 

タップは叩くという意味ですが、このルーティーンで出てくるフラメンコタップは足のボールをつかってやります。

間違ってもつま先でやらないようにしましょう。爪が粉々になります…

足も適当な位置ではなくてキューバンクロス(教科書ではヒールを通過したところでトーを外側に向けた型と書いてあります)に出しましょう。

自由に踊っているようで、本来の型がしっかりしているのがパソドブレのイメージですね

その中で勇ましさを表現したり情熱的に踊ったりしてみましょうね!

ではまた

 

 

池袋(火)初中級クラス 7月の様子

池袋(火)初中級クラス 7月の様子

滝川です。

6月から担当した初中級クラスですが、7月いっぱいで月曜日にへんこうになり、火曜日は初心者クラスに変更なります。
せっかく皆さんの名前や顔も覚えてきたのに、残念ですがコロナ禍で特別編成になっているため、移動が起きてしまいます。すいません<m(__)m>

コロナが落ち着いたら以前のように戻したいなあ、と思ってずっと来ているのですが、いつになったら収まるのでしょうねえ・・困った困った。

●スローフォックストロット③

非常によく使うナチュラルウィーブというステップが出てきますね。

PPから男性が前に回り込んで、最後はフェザーフィニッシュするという、スローでは定番のステップです。

しかし、上手くできていない方が多いステップでもあります。

 

 

●ジャイブ③

●基礎練習

この2か月間、結構みっちり基礎練習をしたと思います。

かかと上げ、ボディのツイスト、片足立ち、ボックス、などなど。
結構しんどかったと思いますが、やはりこれぐらいの筋力が無いと社交ダンスを上手くは踊れません。ぜひこれからも基礎練習をしっかりやってみてくださいね!

火曜日初中級クラスの参加者は、毎回10名以上でとても皆さん元気で意欲的でしたね。ダンスホールにもその後もちょくちょくチャレンジしているようです!
来月以降もいっぱい踊っていきましょう。

そしてまた写真を撮り忘れていました。。m(__)m

なんかアクトの時は教えるのに夢中になってしまうのですよね。すいません。
近所の、のーら猫さんでごまかします。

手前の子は、撫でられるがままの無反応猫さん

奥の子は、絶対触らせない猫さん、手を出すと引っかかれます。

ちなみにこちらは、私が引っ越して以来ずっと住み着いている「トラジロウさん(メス)」
もう10年以上のおばあちゃん猫ですね。

アクト川口(金)初心者クラス 7月レポート

アクト川口(金)初心者クラス 7月レポート

こんにちは!講師の狩野です。

あっという間に7月も終わってしまいましたね。

なんだか月日が経つのが今年はいつも以上に早いような気がしなくもない、そんな今日この頃です。

東京のオリンピックもあっという間に過ぎてしまいましたが、皆さん見ていましたか?

僕は深夜にあるダイジェストだけは見ていましたが、やはりスポーツは見ていて楽しいですね。

中でも女子バスケの代表が銀メダルを獲得したのは大変驚きました!決勝でのアメリカはさすがに強者でしたが、素晴らしい快進撃でしたね。

日本バスケットボール協会会長の三屋さんは子供のころから家族ぐるみでのお付き合いがあったので、この快進撃にうちのファミリーlineは盛り上がっておりました(笑)

さてさて話はダンスに戻り、

サークルの最後にやってくるステップ「べニーズワルツ」のお話をしましょう。

このダンスはステップ数も少なくザ・シンプルですよね。

でもそれが難しい。一個ターンを失敗すると次に響きそれがいくつも重なって最終的にグダグダになってしまいがちです。

まずは自分の役割をしっかり把握しましょう。

いま前進しているのか後退しているのかを認識することは大変重要です。LODで動いていく中で方向が変わり、途中で分からなくなってしまいがちですが、きちんと把握しましょう。

前進の方は相手をきちんと追い越さなくてはなりません。言葉を返すと交代の人は相手に追い越されなくてはいけないです。

ステップに夢中になり、関係性が崩れないようにしましょうね!

アクトの方はべニーズワルツの週になるとクラスを休みがちですが…

こんなにナチュラルターンとリバースターンを練習できる回もなかなかないので頑張って参加してみましょうね!

最後は最近見つけたくだらない画像をみて今月は終わりたいと思います。

ではまた!