川口(金)初中級クラス 8月の様子

川口(金)初中級クラス 8月の様子

こんにちは!講師の狩野です。8月のレポートです!
8月は暑い日が続いたり雨の日が続いたりと何だか何月だかわからない日々が続きましたね。

そんな僕は先日行われたC級ラテンダンス競技会で準決勝に残ることができたので年度末B級に昇級が決まりました。

プロになって2年半あっという間に過ぎてきましたが、ここから更にギアアップしていかないといけないなと思っております。

引き続き応援していただけたら嬉しいです。

競技会の写真を少しあげますね

色々あった月でしたが、社交ダンスのイベントだとEXPOというのがありました。今まであったフェスティバルがEXPOという形で再開とのことですが、ここ数年コロナの影響で行われていなかったので、僕自身参加したのが初めてでした。プロになってあんなに人の多いダンスタイムが初めてで少し圧倒されましたが。普段ダンスサロンメモリーで踊っているおかげか踊ること自体は全然問題なかったのですが、なにせ人が多く人酔いしてしまいました…でもいろんなお教室の生徒さんたちがいてその中でも僕を見つけて話しかけてくれる人もいたりと、この業界で頑張っている喜びを少し感じた瞬間でした。

 

さて話は逸れてしまいましたが、アクト川口(金)初中級クラスではステップが④に突入しております。

パソドブレの④のステップです!

 

ステップ名:

1. セパレーション with レディースケーピングウォーク 1234 1234 1234 1234

2. トラベリング・スピン from CPP 1234 1234 12

3. グランドサークル&シャッセ to R 34 1234 12 34

4. スリップアタック(1/4回転) 1234

5. ドラッグ( 第1ハイライト ) 1234

6. シュールプラス(1/4回転) 1234

7. クードピック 1234 12&34

8. ドラッグ 1234

9. スパニッシュライン(セパレートしてコントラポジションで) 12

 

これは女性がスパイラルターンをしっかり回らないといけないですね。

クラスではきちんと進行方向を向いて回る練習するをしました。これはある程度練習が必要です。引き続き頑張っていきましょう!

ではまた。

池袋(火)初心者クラス 8月の様子

池袋(火)初心者クラス 8月の様子

さて、早いもので最後の月となってしまいました。(正確には9月の2週目までが今期になりますが)

最後の月は、後半やってきたステップの復習になります。
後半で特に難しかったのは、スローとヴェニーズワルツでしょうか。

スローはステップの難しさ、ヴェニーズワルツは回転を続けることの難しさ、ですね。
どちらも、正しい動き方や正しい足の位置、そして姿勢などを守ることで上手くできるようになります。

後は何度も繰り返し練習する、地味ですがそれが上達への一番の近道です。

●ジャイブ

ジャイブは細かくシャッセをするステップですね。
非常に速い音楽に、歩数が多いステップなので、ラテンで一番早い種目になります。

最初はちょっと慣れてないと追いつかない感じがあると思いますが、やはりこれも慣れですね。
3回目の皆さんはスムーズに踊っていました。

1. フォラーウェイロック ×2 QQ QaQ QaQ QQ QaQ QaQ
2. チェンジ オブ プレイス ライト to レフト QQ QaQ QaQ
3. チェンジ オブ プレイス レフト to ライト QQ QaQ QaQ
4. ヒップバンプ×2 QQ QaQ QaQ QQ QaQ QaQ
5. チェンジ オブ ハンド ビハインド バック QQ QaQ QaQ
6. チェンジ オブ プレイス レフト to ライト QQ QaQ QaQ
7. ダブルウィップ QQ QaQ QQQQ QaQ

ステップの注意事項としては、斜めの方向を多用するので気を付けてくださいね。
どの方向へ動くのかを把握していないと迷子になりやすいです。

シャッセは上下動があるので気を付けてください。足をそろえた瞬間に一瞬低くなります。
中々難しい動作の上に、音楽が早いので皆さん苦手ですが、これを練習していってもらえるとジャイブらしい動きになっていきます。

●スローフォックストロット

スローフォックストロットも皆さん苦手な種目ですね。

なぜかというと、どのステップも似たような感じで歩いているので、何をやっているのかわかりにくいからですね。

なので、まずは全部で6つのステップ名を覚えましょう。

0. 予備歩 Q
1. フェザーステップ SQQ
2. リバースターン & フェザーフィニッシュ SQQ SQQ
3. スリーステップ SQQ
4. ナチュラルターンの1~3歩 SQQ
5. クローズドインピタス アンド フェザーフィニッシュ
※動画では、最初に戻るため、クローズドインピタスにし、フェザーフィニッシュからリバースターンへつなげています
SQQ SQ

そして、それぞれのステップのわずかな特徴を覚えてください。

  • フェザーステップは3歩歩く
  • リバースターンは、女性が足をそろえて回る(右足、揃えて、右足)
  • フェザーフィニッシュはアウトサイドへ
  • スリーステップも3歩歩く(脚はインサイドへ)
  • ナチュラルターンは、女性が足をそろえて回る(左足、揃えて、左足)
  • インピタスターンは、男性が足をそろえて回る

どれも似たようなステップですが、ちゃんと特徴があります。

特徴を覚えたら、あとは何回も繰り返すことですね。体に染みつかせましょう。

それ以外に大事な部分は、上下動ですね。最初の1歩が低く、2歩目3歩目が高くなるのが基本です。

 

9/20は、また初心者クラスはゼロに戻って、新しい人を加えてスタートします。今回は男性の申し込みが少ないので、今からでも間に合うのでぜひ男性にいらして欲しいですね。
社交ダンスは奥が深くて楽しいですよ。始めると男性の方がはまってしまいます!

 

池袋(火)初心者クラス 7月の様子

池袋(火)初心者クラス 7月の様子

池袋の初心者クラスも8月になり、もう5か月目に入りましたね。あと1か月です。早いものですね。

全く何も知らなかった方が、社交ダンスが少しずつですが形になってきました。基礎練も少しずつ長く耐えられるようになってきたりするのを見ると、成長を感じますね。

さあ、では7月の様子です。

●パソドブレ

パソドブレは、スペインの闘牛をモチーフにして踊られているダンスです。エスパーニャ・カーニというスペインの闘牛の音楽に合わせて踊るのことが多いですね。

闘牛士をイメージして踊るダンスになりますので、勇ましく強く緊張感をもって踊るダンスになります。

とはいえ、意外と社交ダンス初心者向きの種目で、そんなに難しくないダンスです。(ルンバとかチャチャチャの方がよっぽど難しいのですよ)

1. スパニッシュライン 1234
2. フラメンコタップ 12&34
3. プロムナードクローズ&シャッセ 12 34
4. ドラッグ 1234
5. プロムナード 1234 1234
6. エカルト 1234
7. プロムナードクローズ&シャッセ 12 34
8. シャッセ to ライト 1234
9. オープンテレマーク (回転量少なく) 1234
10. プロムナードクローズ&シャッセ 12 34
11. セパレーション with レディースケーピングウォーク 1234 1234 1234 1234

ステップがちょっと長めですがそんなに難しいステップではありません。
パソドブレはあまり難しくない種目です。

ただ、強そうに緊張感を持って踊るのが大事ですね。腰を入れてしっかり歩いてください。

 

そういえば、冒頭に説明したエスパーニャ・カーニですが、実は意外と最近の曲なんですね。1925年ごろにパスカル・マルキーナに作曲されたということなんです。100年前そこらの曲なんですね!意外と最近!って思ってしまいました。

 

●ヴェニーズワルツ

とても速い3拍子の音楽にあわせて、くるくる回り続けるダンスです。
別名ウィンナーワルツともいわれます。

覚えるのはたった2種類ですね。

ナチュラルターン

リバースターン

この2つだけです。

でもこのたった二つが中々強敵です。3歩で180度回らないといけないのですが、これがなかなか難しい。

姿勢・足の着く場所・二人のタイミング

といったことをしっかり合わせないと、180度回り切れずにどんどん回転が足りなくなってきてしまいます。
回転が足りないと二人がバラバラになってしまい、回り続けることができなくなってしまうのですね。

言われたことを漏らさずステップを踏めるようにしてみてくださいね。

 

ちなみに、こちらのウィンナーワルツも意外と歴史が浅く1800年代の初頭から始まったようで、200年ちょっとぐらいの歴史なんだそうです。なんかもっと昔からあるようなイメージなのは私だけですかね?

 

7月 川口(土) 初心者クラスの様子

7月 川口(土) 初心者クラスの様子

7月の川口初心者クラスはワルツとチャチャチャにチャレンジしました。

ワルツ

0. 予備歩 3
1. ナチュラルスピンターン(ナチュラルターン&スピンターン) 1 2 3 1 2 3
2. リバースターンの4~6歩 1 2 3
3. ホイスク 1 2 3
4. シャッセ from P.P. 1 2& 3
5. ナチュラルスピンターンの1~3歩 1 2 3

ナチュラルスピンターンが初心者泣かせなんですよね💦
このステップをしないとどうしてもワルツが踊れないくらい重要ステップなので克服しましょうね!
ナチュラルスピンターンで失敗するケースとしてはホールドの回旋が途中で止まってしまうことが大きく原因になっているかと思います。

特に後半1~3歩にかけて回転継続し最後進むようにするといいのですが、「たくさん回らなきゃ!」と1歩ですべて完了しようとしてしまって、回転が足りない、や飛んで行ってしまうことが多く感じます。
回転・回転・進む~と思うと良いかな?
と思います。
回転をしたいときは、ホールドをぐるりと勢いよく回しましょうね!

後は繰り返し練習です✨一緒にがんばりましょう!

チャチャチャ

0. 予備歩 4&1
1. オープンヒップツイスト 2 3 4&1、2 3 4&1
2. ホッキースティック 2 3 4&1、2 3 4&1
3. ニューヨーク ×3 2 3 4&1、2 3 4&1、2 3 4&1
4. スポットターン to レフト(発展) 2 3 4&1

 

流れはルンバと一緒ですね!
ステップ自体はすんなりと体に入っているようでした。
なので、ロックアクションに注目してみようと思います。

この「ロック」カタカナで書くと同じなのですが、英語で書くと
「Lock」「Rock」の二つがあります。
チャチャチャのロック(前進・後退時)は「Lock」のかけるロックです。
どうしても慣れないうちは、足をかける時に揺れてしまい進まないため「Rock」アクションになり易いです。
揺れずに進むぞ!を意識するといいかなと思いました!

これからも頑張ってゆきましょう!
吹野ですた。